朝のルーチンは極力少なく

2018-02-23 15:36

昨日の投稿で、「ブログ連続更新できるようになったのは、夜に書くようにしたから」と書きました。ここをもうちょっと深掘りしてみます。

 

 

自分の場合、日中に色々考える分、夜のほうがブログを書きやすかった、というのはあります。それともう一つ、「朝に大きな固まりのルーチンを入れると焦ってくる」というのもあるなと思いました。

 

毎朝、ブログを書いていたときは、慣れるまでは1時間ぐらいかかっていました。書くのが速くなっても、30分ぐらい取られる計算です。

 

午前中の1時間や30分というのは、ものすごく大きいものなんですよね。だからこそブログ書きをしていたというのもあるんですが、やりかけの仕事やその日提出のものがある状態だと、どうしてもそちらが気になってしまう。

 

ブログ書いているときに仕事のメールなどが来ると、「はやく書いて仕事に掛からなきゃ」という焦りもでてきます。結果的にブログを書くことが楽しくなくなってきていた。朝のタスクの一つという感じになっていたんです。

 

 

これがあんまりよくなかったなと。朝はやりたいこと(やらなきゃいけないこと)が押し寄せてきますから、なるべくルーチンを少なくしたほうがいいです。

 

ルーチンはそれぞれ、5分くらいでサクッと終わるものがベスト。30分掛かるものを毎日やっていると、やはり雑な更新になる日も出てきてしまいます。

 

このことに気づいてからは、朝のルーチンは極力少なくして、すぐに仕事へ取り掛かれるようにしています。その日やらなきゃならないことを終わらせてしまえば、ブログや読書など好きなことにゆっくり時間を使えます。

 

生活スタイルというのは、毎日PDCAを回していけることです。仮定と検証を繰り返して、少しずつ改善していきたいです。


Category:執筆

tags:



«
»