設置するとかなり便利な、簡易宅配ボックス

2018-03-01 22:34

以前、住んでいたマンションには、共同の宅配ボックスが設置してありました。

宅配ボックスとは、不在時に荷物を入れておいてくれるボックスのことです。宅配の方が暗証番号を設定して施錠しておいてくれるので、帰宅したら解除して荷物を取り出すことができます。

自分は宅配ボックスというのを、ここで初めて知りました。そして「なんて便利なんだ」と感動しました。

宅配便の不便な点は、荷物受取のため家にいる必要があることです。外出時でも受取ができるのであれば、これほど助かることはないです。

しかし去年、引っ越してきた古い一軒家には、当然ながら宅配ボックスなど設置してありません。荷物を受け取るためだけに家にいる必要があり、不便に感じていました。

何か解決策はないかと思っていたら、簡易的な宅配ボックスをAmazonで見つけました。お値段は2,000円程度。ものは試しと買ってみることにしました。

これが大正解でした。届いた簡易宅配ボックスは、ジッパーで開封できるビニール製の頼りない箱でした。ダイヤルロック付きのワイヤーがついていて、家の出入り口近くに結びつけておけます。

箱の中にはポケットが2つ付いており、一つには受取用のシャチハタを入れておけます。もう一つには小さな錠前が入っていて、荷物入れてもらったらそれでジッパーを施錠してもらうのです。

あまりにも見た目が貧弱なため、最初は「これで大丈夫なのかな」と不安になりました。

まあものは試しと郵便ポスト近くの勝手口の下あたりに置いておきました。「宅配屋さんは入れてくれるかな」と期待しましたが、最初の頃はその存在に気づかなかったのか荷物を持ち帰ってしまいました。

そりゃそうですよね。ビニール製の箱があるからと言って、そこへ入れてはくれません。荷物が紛失でもしたら大問題になります。

なので郵便ポストの名前のところに、「不在の際は、右手の宅配ボックスへ入れてください」とメモを書いておくことにしました。宅配に来る人はだいたい顔なじみが多いので、荷物を受け取る際にも「宅配ボックスを設置しました」とその存在を教えることに。

そうやってインフォメーションしてみると、不在時にはちゃんと入れてくれるようになりましたね。宅配業者さんにしろ、荷物を持ち帰るよりは宅配ボックスに入れるほうがよほど助かるはずなのです。

3,000円程度と低コストながら、荷物受取で待つ必要も再配達を依頼することもなくなりました。買ってよかったです。宅配ボックスのついていない住居であれば、試してみて損はないですよ。


Category:生活

tags:



«
»