noteの最新記事をリリースしました。今回はすべて無料にしてみました

今日の夕方頃にnoteへ記事を投稿しました。「雑誌ではなく、それより割高なnoteの有料記事を買うのはなぜだろう?」という疑問について書きました。

ところで今回は、有料部分のあとがきをつけませんでした。無料の本文のみの掲載です。

有料部分も書いてはみたのですが(2,000字も書いてしまいました)、思いとどまって無料で読める部分のみにしました。

有料で範囲を探りつつリリースしてみましたが、リアルな知り合いの方のみ買っていただけるという感じで…(本当にありがとうございます!)。結果がかんばしくなければ、すぐに別のやり方を試そうかなと。

すべて無料で読めるものを何回出してみて、今度は全文有料とかでやったりしてみます。もちろん全文有料の場合は、内容にかなり自信のある感じにはします。いいのか…、こんなハードルを上げて。

ともかく自分の直近の目標は、月額マガジンを発行することなんです。今はそのための土壌づくりという位置づけ。やはりまずはフォロワーさんを増やすことが通常ルートになるなと。

年始め、noteで有料記事を出す際に色々と検索してみたら、「最初から有料にせず、まずはフォロワーづくりをすべき」ということがいくつかの記事に書いてありました。

その忠告を聞いていればよかったのかもしれませんが、自分で失敗してこそ血肉になることもありますよね。

週一回、発行するという部分は厳守しつつ、色々なことを試してPDCAをぐるぐる回していきます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。