カフェインを抜いたから、頭が痛くなったのかな

2018-03-17 23:40

今日は朝から撮影でした。最近は睡眠時間の確保のためギリギリまで寝ている感じになっていまして、特に今朝はコーヒーを飲む時間を取れませんでした。

 

朝食のフルーツだけを食べ、支度をして出掛けました。いつもであればコンビニに立ち寄って、そこで挽きたてのコーヒーを買います。でも時間的にやばいと感じて、コーヒーを一滴も飲まないまま撮影を開始しました。

 

 

そしたらですね、2時間ぐらい経ってからものすごく調子が悪くなってきたんですね。なんか身体がだるくて、頭が重いんです。

 

あれ、風邪でもひいたかな、と思いました。そのうち頭が痛くなってきました。でも風邪とは違う。喉が全く痛くないんです。自分は風邪をひくと最初に喉が必ず痛くなります。なので風邪ではないなと。

 

 

単に調子が悪いだけかと思いましたが、途中で気づきました。ひょっとしてコーヒーを飲んでないことが関係しているとか??

 

そこで撮影の合間を見て、「カフェイン抜き 頭痛」というキーワードで検索してみました。すると「カフェインには頭痛の抑制効果があり、依存している人がカフェインを抜くと離脱症状で頭痛になる」みたいな文章を発見しました。

 

それが該当するのかどうかはわかりませんが、どんどん頭痛はひどくなっていきます。近年、経験したことのないような頭痛です。

 

 

なんとか撮影を最後まで続けて、帰り道にコンビニへ寄りました。もちろんコーヒーを買うためです。

 

それでもすぐに頭痛がおさまるということはなく、結局、家にあった頭痛薬を飲むことでようやく痛みから解放されました。

 

 

これは一体、どういうことなんでしょうかね。カフェイン抜きが原因なんでしょうか。

 

コーヒーのない生活は考えられないので、やめるという選択肢は自分の中にありません。

 

でもちょっと飲まなくなっただけで、身体に変調が起きるとしたら、やはり「刺激の強いものを飲んでるんだな」と実感しますね。

 

 

ともかく、今日はほとんどコーヒーを飲んでいないので、よく眠れることは確かでしょう。笑

 


Category:コーヒー

tags:



«
»