インスタへ投稿をはじめて、ちょうど一年が経ちました

こんにちは。昨日、4月17日は、インスタへ投稿しはじめてちょうど一年経った日でした。

それ以前にも、ちょこちょこアップしていましたが、「本気でやってみよう」とギアを切り替えたのが去年3月後半のこと。そのタイミングで保井崇志さんのnoteに出会ってしまったんですよね。

以来、毎日写真を撮りに出かけて、自信作のたまった4/17に仕切り直してスタートしました。

この一年を振り返っていちばん思うことは、ともかく一年前は下手くそだったなと。もちろん今も下手くそは下手くそなんですが、始末に負えないことに、「下手くそというのを、自分で認識していなかった」。これが痛いなと。

なのでインスタへ投稿してみると、自分が理想としている状況といつまでもギャップがある。「あれ、おかしいぞ。インスタやり始めた途端、ものすごくフォロワーが増えて、注目されて、みたいなはずなのに」みたいな。ここまで傲慢なことは思っていませんが、100Likeとかはすぐにいくと思っていました。

一年続けて投稿が328になったところでも、100Likeもらえた写真はありません。まあ、ここからですよね。自分の実力を把握できてこそ、次の段階へいけるなと。

というか、写真を通して「注目されたい!」なんて思っているうちはダメですね。

100Likeはもらえていませんが、ともかく自分は一年間続けることができました。一年続けてみて、少しずつ少しずつ、自分が撮りたいと思う写真のイメージができてきて、技術も追いついてきたような気がしなくもない感じになってきました。

いやいや、まだまだまだです!

ともかく何が言いたいこというと、邪(よこしま)な考えが落ちてきて、「写真を撮ったり、編集したりすることが好きだ」という気持ちにきちんとなれたのが、自分で嬉しく思います。そんな45歳の伸び盛りです。絶賛、インスタのフォローをお待ちいたします。

Pocket

Scroll to top