2つのことに注意すれば、スマホで撮る写真はもっと良くなる

こんにちは。スマホで写真を撮るだけで、プロとアマチュアとは明らかに差が出ます。

これはなぜなんだろうと考えたところ、二点だけ注意すればプロと同じような写真を撮れるのではと思いました。

一つ目は、水平垂直です。インスタやフェイスブックなどで目にする写真は、結構な確率で左右のどちらかに傾いています。プロが撮った場合は、スマホのカメラであっても水平垂直を保っているはずです。

写真は少しでも傾いていると、落ち着かない不安なイメージが出てしまいます。狙って傾けているのでない限り、プロはそれを避けるために水平垂直を意識して撮ります。

この「意識する」というのが大切で、撮る際に「水平垂直に撮ろう」そう思うだけで写真の出来不出来は変わってくると思います。

もう一つは、背景の整理です。例えば公園でお子さんの写真を撮るとします。お子さんの背景にゴミ箱があったら、プロはゴミ箱がフレームに入らないよう背景を整理して撮ります。

ゴミ箱が入っていると、写真を見る人の意識の何%かはそちらにいってしまいます。ステキな噴水など主の被写体を引き立てるものならよいのですが、無関係なものはノイズとなります。これもゴミ箱に気がつき、それをフレームから外そうと思うかどうかという意識の違いです。

水平垂直を保つことと、背景を整理すること。この2つを注意すれば、何気ない日常を撮った写真でも良いものになると思います。

Scroll to top