アウトプット量を増やすことで生まれる効用

こんにちは。少し前から、ブログの更新頻度を上げてみています。

それまでは一日一回のペースでした。これを一日二回と倍に増やしているんです。

これはどうしてかというと、単純にアウトプット量を増やしたいと思ったからです。アウトプットを増やすと、必然的にインプットも増えます。アウトプットが二倍になれば、その素材となるインプットは倍以上必要となるからです。

インプットというのは何も本や映画といった作品ばかりではありません。普段、何気なく生活しているだけでも、インプットするネタはたくさん落ちています。

アウトプット量を増やすと、日常生活の小さな出来事でも文章化できないかと気に留めるようになる。この状態を作りたくて、「たくさん出して、たくさん入れる」というのを意識的に行おうと思いました。

その一環としてTwitterの量を増やそうかと思いましたが、自分は500〜1000文字くらいの文章を書くほうが140字を瞬発的に書くより向いているみたいですね…。

不思議なもので、ブログ更新が一日一回と一日二回であれば、後者のほうが自分にとって楽にできるようになりました。アウトプット量を増やすと、一回の更新のハードルが低くなるみたいです。

しばらくこの調子で、アウトプットの量を維持していきたいと思います。