飛行機に乗る祭、iPhoneのウォレットへチケットを入れるとすごく楽になる

こんにちは。金沢の自宅に戻ってきました。

帰りは羽田空港から石川県の小松空港へANAの飛行機に乗ってきました。国内線の飛行機に乗る際は、いつもカウンターで普通に搭乗手続きをしてから荷物検査へ行っています。

でも以前、日本で飛行機に乗ったとき、アップルウォッチをかざして入っている人を見たんですよね。「あれはウォレットを使っているのでは?」と思ったので、今回、使ってみることにしました。

結果から言うと、ものすごく楽ちんでした。時間も大幅に節約できます。おすすめです。

ANAでしか試していませんが、やり方は簡単です。スマホでANAのウェブサイトを開き、予約したチケットの座席指定まで済ませます(座席指定せずとも、ウォレットへ入れることは可能なようです)。

すると「Passbookに追加」というボタンが現れるので、タップします。画面がANAのPassに変わります。右上の「追加」をタップすると完了です。

iPhoneやアップルウォッチのウォレットを開くと、ANAの二次元バーコード付きのPassができています。

これを持っておけば、iPhoneでもアップルウォッチでも、二次元バーコードをかざすことで荷物検査を抜けられます。カウンターでのチェックインは不要。搭乗口から飛行機に乗る際も、バーコードのスキャンだけでOKです。

チェックインの手間もそうですが、いちいち紙のチケットを出さなくて良いのはすごく助かりますね。ウォレットのPassに座席番号も書いてあります。

なんで今まで使わなかったんだろうと、自分で不思議に思うくらい便利です。海外の飛行機もきっとウォレットにチケットを入れるのが可能ですよね。日本だけのサービスというのは考えづらいなと。

次の海外への渡航の際に調べてみます。

Scroll to top