日常は、飽きる

こんにちは。今年はこれまでのところ、台湾・香港・イタリアの三カ国へ旅してきました。

旅先では一箇所にとどまらずに、一日ごとに訪れる都市をかえていきました。宿泊場所も前日になって決める感じ。結構、行き当たりばったりで、移動しては滞在してを繰り返し、行く先々で写真を撮っていました。

そういう体験を少しでもしてしまうと、なんだか自分の家に戻って日常を送ることに飽きてしまいます。

特に自分の場合は、毎日、職場の同僚に会うわけでなく。基本的には1人で部屋にこもって仕事をしています。

なので、部屋の中の風景がいつも同じ。いつもの場所で多くの時間を過ごし、同じ時間に食事をして、同じ時間に眠りにつく。そんな規則正しい生活をしていると、移動しながら旅していたことが恋しくなります。

「そうか、旅に魅了されるのは、こういう状態なんだな」と、少し思っています。

今月は来週末に北海道へ行く予定です。初めての北海道、4泊5日。そこでまた、旅への衝動を満足させてきます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。