手段なのか、目的なのか

こんにちは。自分は「手段なのか目的なのか」と考えるのが好きです。

何をするにもその2つはあります。こうしてブログを書くこともそうですね。ブログを書くことはあくまでも手段です。これを毎日続けることで、叶えたい目的があるんです。

一方、「ブログを書く」というのは、手段でありながら目的にもなりえます。そのため「性能のよいパソコンを買うこと」は、ブログを書くという目的を叶えるための手段となります。

ここで注意が必要です。手段というのは手前にくればくるほど、企業のマーケティングと結びついてくるんです。

今書いたような「パソコンを買う」というのは、その典型。本来パソコンは、使うことによって成し遂げたい目的があるはずです。

でも企業にとっては、一台買って終わりにしてもらいたくない。二台目、三台目と買ってほしいし、なんなら毎年買い替えて欲しいと考えます。

そのため少しでも性能やデザインを変え、毎年のように新型を出します。それを売るため広告もどんどん流します。

すると本来であれば、今あるパソコンで十分なはずなのに、別のパソコンが欲しくなってしまう。これが手段が目的化してしまう瞬間です。

もちろんパソコンを新しく買い換えることで、リフレッシュできたり高揚感が得られるかもしれません。それを自覚して購入するのはアリだと思います。

でも本来の目的を忘れてしまって、手段の選択に振り回されるのはいけません。これは何を隠そう、自戒の文章です。「目的あってこその手段」というのをいつも考えるようにしたいです。