oculus Goのファーストインプレッションは、かなり良い

2018-06-09 21:02

こんばんは。今週水曜に注文したoculus Goが、三日後の金曜日に到着しました。初期設定とNetflixを視聴してみました。その感想です。

oculus Goは、VRを鑑賞できるデバイスです。特徴はスタンドアロン(単独)で動くことと、価格が安いこと。

ストレージ32GBモデルが、送料税込で23,800円にて購入できます。64GBは29,800円。

例えばプレイステーションもVRを出していますが、これを楽しむためにはPS本体やVRなど含めて100,000円弱くらい掛かります。

oculus Goは、これだけで楽しむことができて23,800円ですからね。非常に手の届きやすい価格だと思います。

さて、設定してみた感想はいたって簡単でした。専用アプリをスマホへダウンロードし、指示に従って操作するだけ。

設定が終わり掛けてみると、もうホーム画面を見ただけで感動してしまいました。こりゃすごいなと。

ホーム画面はパソコンのデスクトップみたいに何枚かから好きな画像を選べます。どれを選んでも、360度その風景が広がるのです。VRを掛けただけで、視界がまったく別世界になってしまいました。

早速、何か見てみようと、Netflixから適当に映画を選んでみることに。シアターモードを選べば、暗闇にスクリーンだけが浮かびます。これはもう、1人で映画館のスクリーンを見ているようです。

むしろ映画館よりも没入感は高いです。イヤホンで音声を聞けば、眼に入るのはスクリーンだけ、聞こえるのは映画の音楽だけ。どっぷりと映像世界に浸れます。

他にもなにかあるかなとoculus Goの動画を探してみると、“Ghost In The Shell: VR Experience”という映像を見つけました。

ごく短い映像ですが、かなり良かったです。オリジナルの映像作品を360度の角度で見られる衝撃。これを見ながら、「これからの映像はVRを意識することになるだろうな」と思いました。

映画館などの3D映像は2Dを浮き出るように見せているわけですが、VRを使えばガチの3D映像を体験できてしまいます。映像世界へ実際に入っているような感覚になるんですよね。

この体験に慣れてしまうと、現状の3Dはまったく物足りなくなるだろうなと。

とりあえずファーストインプレッションはこのくらいです。しばらく使ってみてから、またブログに書きたいと思います。


Category:映画・音楽・本

tags: ,



«
»