駆け出しフリーランスは、ウェブサイトを自分で作るべし

こんにちは。ブログのフォントをかえることにしました。

これまでは明朝系を使っていましたが、ゴシック系に変更です。たまに太字にしたいときがあって、明朝に太字だと見た目があんまりかわらないんですね。

ついでに読みやすくなるよう、ポイントとか行間とかも調整しました。

自分のサイトはワードプレスを使っていて、デザイン含めて自分で作りました。

独立した当初はお金がなかったため(時間は死ぬほどあった)、本を見ながら自分たちのウェブサイトを作りました。なのでワードプレスでブログを作ったり見た目をいじったりするのは、まあ一応できることはできます。

独立して7年くらい経ちますが、自分でウェブサイトを作るというのはやってよかったなと思います。

もちろん最初は何が何やらわかりません。本を片手に悪戦苦闘しましたが、一度作ってしまえばなんとなくですが理屈は理解できます。

制作会社に頼むと料金が掛かりますから、単純にその費用を浮かせられるというメリットがありますね。

その他にも一度でも作っておくと、仕事でウェブに関わる時に作業のイメージがつかめます。コーダーさんとの打ち合わせもスムーズにいきます。

もう一つ隠れたメリットとして、グーグルの検索スキルがぐっと向上します。

実際、作ってみるとつまづくことだらけです。知り合いに詳しい人がいたとしても、その都度聞くわけにもいきません。

となると調べるしかないわけで、明確な目的あっての調べ物を繰り返すわけですから、検索するのがうまくなっていきます。

自分で作ったおかげで、ちょっと直したいところが出てきたら、すぐに対応できますしね。

フリーランスになったばかりの人は、業種問わずウェブサイトは自分で作ってみたほうが良いですよ。後々、その経験が活きてきます。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。