行きたかった場所。念願の「青い池」へ

こんにちは。北海道へ来て、三日目の夜です。今は小樽にいます。

今日のお昼ごろ、いつか行ってみたいと思っていた青い池を訪れました。

青い池というのは北海道旭川市の南にある町、美瑛町にある池のことです。水の成分と太陽の光との関係で水が青く見えることから、その名がついています。

この池は美瑛町の一大スポットです。観光バスが入るほどの人気ぶり。今日も月曜なのに、大変な人手でした。そしておそらく半数以上が外国人観光客でした。

この池を有名にしたのは、ケント白石さんという写真家です。この方の撮られた青い池が、Apple社のMacintoshの壁紙に採用されたのです。

自分もケント白石さんのブログを通じて、この池の存在を知りました。正直言うと、この池を写真で見て心が揺さぶられ、もっとうまくなれるようにがんばろう、そう思ったんです。それが確か5年くらい前のことでした。

その後、「才能ないなー」と日々落ち込みながら諦めずに写真を撮り続け、今年、北海道へ来る機会が生まれました。「絶対に青い池は行かないと」と思い、念願叶って訪れることができたというわけです。

実物の青い池を見た時は、感無量でした。「あの青い池の眼の前に自分はいる」と胸の奥から感動がじわじわと生まれてきました。

もちろんこれで人生が終わるわけでなく、これからも写真を撮る日々は続きます。

月並みな言葉で恐縮ですが、今日感じた気持ちを忘れずに、そして才能がないと諦めずに(これ大事)、少しずつ成長していきます。

Pocket

Scroll to top