最近、フィルムで写真を撮り始めました

こんばんは。最近、フィルムで写真を撮り始めています。まだ撮り切っていないので、現像してお見せできるような写真があればアップするかもです。

フィルムで撮っていていちばん感じるのは、やり直しがきかないということです。

デジタルカメラであれば、まあ言ってみれば何枚撮っても「ただ」ですから。気に入る一枚が撮れるまで、好きなだけ撮ればいいと思えます。

でもフィルムは、当然ながらフィルムそのものの代金と現像代というのが掛かります。一枚シャッターを切るたびに、お金がチャリンと出ていく気分がします。

そう考えると、無闇やたらにシャッターを切れないなと。ほんとうに「撮りたい」と心が動いたときだけカメラを向けようと思うんです。

でもよく考えてみたら、やり直しがきかないというのはデジタルカメラでも同じことなんですよね。いくら何度でも撮れるデータだからといって、目の前の光景というのはその瞬間にしかないのです。

何枚でも無料で撮れると思うと、そういう意識が希薄になりますね。(もちろんフィルムに比べたらという話ではあります)

しばらくフィルムのカメラを持ち歩いて、写真に対する意識の変化を見てみたいです。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。