「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました

こんばんは。スターウォーズ・スピンオフ作品の「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました。

正直言うと、今ひとつでした…。チューバッカやファルコン号との出会い、ハン・ソロという名前になったいきさつなど、「おお!」と思える部分はありました。

でも中だるみを感じてしまいましたね。観ていてちょっと苦痛だったというか。つまらなくはないんですが、あまりにも予定調和だなあと。

最後のまとめかたはさすがでした。新体操でいうと、最後の着地はビシッと決まりました。終盤の裏切り方もよいと思いました。

それまでの流れが強引に思えたんですよね。無理やり尺に合わせてねじ込んだみたいで、ストーリーにみずみずしさを感じなかったです。

ということで、今年劇場で観た映画の個人的なランキングです。1位と2位は、たぶん年末まで変わらないと思います。

1 レディ・プレイヤー1
2 アベンジャーズ
3 リメンバー・ミー
4 スター・ウォーズ 最後のジェダイ
5 シェイプ・オブ・ウォーター
6 キングスマン: ゴールデン・サークル
7 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
8 女は二度決断する
9 ヴァレリアン 千の惑星の救世主

次は、もうすぐ公開の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が楽しみです。