継続するものだけが見れる場所がある

こんばんは。年に数回、地元のいろいろな企業さんへおもむいて、文章の書き方講習みたいなのをすることがあります。

もう5、6回くらい、やったのかな。何度かやるうちに自分のなかで、「文章上達の方法」というのが確立してきました。

突き詰めて考えれば考えるほど、シンプルになっていきます。その方法とは以下の3つです。

1 たくさんよい文章を読む
2 たくさん文章を書く
3 書いたものをネットへ公開する

もちろんこの3つだけだとすぐに話しは終わってしまいます。実際の研修ではそのほかにも色々と話してワークをやったりしますが、でも突き詰めるとやはりこの3つだよなあと。

結局はPDCAを回すということですね。読んで(P)、書いて(D)、ネット公開(C・A)。

これらは難しいことではありません。やろうと思えば今日からでもできることばかり。

でも「文章をうまくなりたい」と思っている人でも、これらを実行し毎日続けられる人は少ないです。なんでかというと、めんどうだからですね。それを言っちゃあおしまいよ、ではありますが。

めんどうになる気持ちはわかります。自分もそうでした。

写真がうまくなりたいと昔から思っていました。でも毎日のように街なかへ出かけて撮るようになったのは、この一年ほどのことです。

それまではうまくなりたいと思いつつ、行動に移さなかったです。それはなぜだろうと思い返してみても、理由はよくわかりません。結局は行動するのがめんどうだったのだと思います。

それにやらないままでいれば、現状の下手な自分を直視しなくて済みますからね…。

現状を把握して
→ 理想との距離を測り
→ 毎日、コツコツ努力する

これらを繰り返すのは、やはり労力がかかります。慣れてしまえば習慣になるので苦でなくなりますが、ゼロからイチへ動くのがいちばんエネルギーを使うのです。

たまの研修の講師でこんな感じに偉そうなことをいって、自分ができていないとかっこ悪いです。文章にしろ写真にしろ、少しでも良くなるようにコツコツと努力を続けていきやす。