シンプルで大切な思い

こんばんは。フィルムカメラで写真を撮りはじめて、ひとつ気づいたことがあります。ピントの精度があんまり気にならなくなりました。

いや、気にしないといけないのでしょうが…。すいません。

でもいい写真かどうかは、ピントが合う合わないとは別のところにあると思うようになりました。

デジタルカメラで撮っていると、ピントに対してかなり神経質になります。

画像サイズが大きいため、後処理をディスプレイで行なうとピントが合っていないと気持ちよくない。数をこなすと、ピントがどうしても気になってくるんですよね。

そのため撮っているときもプレビューをその都度、確認して、ピントがきちんときているか確認するのがくせになっていました。

でもそういうのって、写真を撮るさいにあんまり重要じゃないなと。それよりも重要なのは、その写真は自分が撮りたかった写真なのか、だよなと。

デジカメはその場でプレビューを確認できるぶん、どこかで見た写真をなぞってしまっているように感じるときがあります。

インスタで上手い人の写真を見てみれば、流行りの構図やシチュエーションの傾向がわかります。気づかないうちに、そういったどこかで見たことのある写真を真似しているときがあります。

フィルムの場合は、その場で確認ができないのでなぞりようがない部分があります。なぞったところで、現像してできあがるまで実際にできているかどうかわからない。

そうなると、シャッターを切る際に寄る辺となるのは、自分がいまこの瞬間を撮りたいと思っているかどうか、というシンプルな思いだけになるんですよね。

でもそのシンプルな思いこそが、写真を撮るうえで最も大切なことなんだと思います。

Pocket

Scroll to top