50mmレンズの魅力は、目で見ている光景をそのままフレームに収められるところ

こんばんは。高城剛さんが今年の春先くらいに雑誌を作りました。その名も「50mm」。

アメリカの「Life」という雑誌を意識した大判の作りで、写真をダイナミックに用いて紙面を構成してます。

雑誌のタイトルは使っているカメラの焦点距離から取ったもの。すべての写真を50mmという焦点距離で撮影しているんですね。印象的な写真がたくさん掲載されていました。

よく考えたら、自分もほとんどの写真を50mmで撮っています。おそらく写真を撮る人のなかには、50mmのレンズを好んでいる人が多いのではないでしょうか。

どのカメラメーカーも50mmの単焦点は価格をおさえています。レンズ沼の入り口として、いわゆる撒き餌をしているわけです。

なのでズームレンズから一歩進んでレンズを増やそうと思うと、価格の安い50mmをつい選んでしまう。メーカーもそれをわかっていますから、価格の割に写りの良いレンズに仕上げています。

自分は50mmを買ったあとに、85mmとか35mmを買ったりもしましたが、結局50mmを使うことが多かったです。最も使用頻度が高いため、画角が体に染み込んでしまいました。

しかも50mmというのは、ファインダーをのぞくとほぼ通常の視界と同じ大きさに写ります。目で見ている光景そのままをフレームに収められる感触がある。だから撮影もしやすいんですね。

今使っているフィルムカメラも、50mmのほかに3本くらいの交換レンズがあります。どれも単焦点レンズばかり。でもいまだにどれも使っていません。50mmばかりです。

この調子だと、よほど自分のなかで意識が変わらない限り、死ぬまで50mmを使い続けるだろうなと思います。