フィルムで撮りはじめて一ヶ月

こんにちは。フィルムで写真を撮りはじめて一ヶ月くらいが経ちました。現像ができあがって見てみると「は〜」と落ち込むことが多々あります

うまくいかないのは、基本的な露出やピントといった部分です。やはりデジカメのときの癖が残っているんですよね。

露出に関して。デジタルでは多少暗かったり光の加減が微妙だとしても、後処理でどうにでもできるという感覚がありました。だからそれほど神経質になっていなかったなと。

これはよく考えるとかなりダメな姿勢でした。カメラは光を取り込んで像を写すんですから、光に敏感にならないと!

フィルムだと、光の入り方で質感とか雰囲気とかががらっと変わります。絞り優先モードで撮っているため、被写体が思った以上に暗くなったり明るくなりすぎたり。

マニュアルにしたほうがいいんだろうか。急に撮りたいときがあるので絞り優先にしていたんですが、マニュアルモードも検討してみます。

もうひとつはピントですね。カメラにオートフォーカスがついておらず、必然的にマニュアルフォーカスで合わせています。ピントは、ジャストで合ったときと少しずれているときで解像感がかなり変わってきます。

絞り開放のほうが雰囲気が良く好きなんですが、当然ながら開放にするとピントはよりシビアになります。これがなかなかジャストで合わない。風景を撮るのならいいんですが、人物の場合はやはり目の辺りにビシッと決めたいです。

以前も書きましたが、ともかく失敗を重ねながら繰り返しやっていくしかないですね。露出は使っているカメラにAEロック機能(露出を固定できる)がついているので、それも試してみます。

ピントはもう、がんばるしかないです。笑

f5.6くらいに絞って撮ればまあ大丈夫なんですが、せめてf2.8でビシッと合うようにしないと。コツがつかめるまで、やり続けるだけです!

Pocket

Scroll to top