100円の境界線

こんばんは。自宅の近くに自家焙煎をしているコーヒーショップがあります。一度行ってみたところ、結構、値段が高かったです。

一番安いブレンドコーヒーで600円。

コーヒー1杯に600円。まあ高いですよね。一度銀座で普通の喫茶店に入って、700円とか800円とかしてびっくりしましたが、それに匹敵する高さです。

味はもちろんおいしいのですが、「うおお!これはすごい!!」と感動するほどでもなく…。一度行ったきりで、足を運ぶことはなくなりました。

でも自分はスターバックスへよく行くのですが、夜にはソイラテをデカフェにかえたものを購入しています。その値段は、507円です。よく考えたら、600円のコーヒーと100円しかかわらないんです。

たった100円しか違いがないのに、スタバで500円出すことに躊躇はしません。600円は出し渋る。この違いってなんなんでしょう。

味を比較すると、それほど大差ないように思います。ブレンドコーヒーを飲み比べれば、圧倒的に自家焙煎のお店がそりゃおいしいでしょう。でもソイラテにしてしまうと豆乳自体の味が強く出るので、そんなにかわりはなくなります。

ここで発想を逆転してみます。例えば自家焙煎のブレンドコーヒーが、600円ではなく500円だとしたらどうか。自分はおそらく、それなりの頻度で行くと思います。

一方、スタバのソイラテが600円だったとしたら…。たまにみっちり仕事したいときに行くかもしれませんが、かなり頻度は減ってしまうでしょうね。

要は、500円というのが自分にとってのコーヒーの値段として出せるリミットなのです。

500円からたった100円値段が上がるだけで、コーヒーに対する対価として合わないと感じてしまう。

10,000円の商品が別の店で10100円になったところでそれほど気にしないと思いますが、500円が600円になった途端、その差額の100円を出すのが惜しくなるんです。

こういう金銭感覚って、どういう経緯で身につくのか。はじめてお小遣いをもらったときから、幾度となくお金で商品やサービスを買い続けて、それらの蓄積でできあがっていくんでしょうね。

たった100円で購買意欲がかわるというのが、おもしろいなあと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。