今日気づいた、グーグルマップの便利機能

こんばんは。グーグルマップをお使いの方は多いと思います。そういうぼくも常にお世話になっていますが、「え、こんな機能があるの?」と今日、気づいたものがありました。

いや、けっこう有名な機能かもしれないんですが…。

それは、自分の移動した道のりを地図上に表示できるというものです。

iPhoneの場合、グーグルマップアプリを起動して、検索窓の左にあるハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)をタップします。

すると左からサイドメニューが出てきますが、上から二番目に「タイムライン」というのがあるはず。これをタップすると、一日ごとの移動した道筋がマップ上に表示されるのです。

しかも徒歩・車・自転車など、移動手段ごとの距離と時間も表示されます。今日だけでなくさかのぼって見ることもできます。すごいと思いませんか。自分は驚いてしまいました。

というのも、最近は自転車によく乗っていて、目的地までのルートの検証にすごく役立つんです。

自転車を漕いでいるときはマップを見るわけには行かないため、まあ勘に頼って進んでいきます。

そしていざ目的地に着いたとき、いつもはマップを見ながら自分の通ってきたルートを思い出し、「もっと近道はないかな」と調べていたんですよね。

それが「タイムライン」を使えば、通ってきた道のりがひと目でわかります。無駄な遠回りなどしていないか、その検証を簡単にできることになります。

iPhoneをもう7〜8年使っていて、頻繁に起動するアプリは決まってきました。なかでもグーグルマップには、相当お世話になっています。

かゆいところに手が届く親切な設計だからこそ、長い間、使い続けているんですよねー。さすがGoogleといったところです。

Pocket

Scroll to top