デジタルカメラを、NIKONからFUJIFILMへ完全スイッチ

2018-08-27 22:50

こんばんは。これまで仕事のカメラはNIKONを使ってきました。使いはじめて早10年です。それをFUJIFILMのミラーレス一眼カメラへ完全に移行することにしました。

FUJIFILMはこれまでX-T20という、エントリーモデルの位置づけのものを持っていました。これにフルサイズ換算50mmの単焦点レンズをつけて、街なかや旅先の写真を収めていました。

ここにさらに最新機種のX-H1を購入し、動画撮影用にズームレンズを3本仕入れました。単焦点レンズはフルサイズ換算の50mmと35mmをすでに持っています。これだけあれば、自分の仕事のすべてをカバーできます。

所有しているNIKONのボディやレンズは、すべて売却する予定です。

これまで仕事用をNIKONで通していたのは、操作性と道具としての信頼性からでした。

10年も使っていますから、大げさに言えばめをつむっても操作できるくらいになれています。使っているボディは頑丈で、不具合が起こったことはほとんどありません。

NIKONは、なによりも自分にとって安心感があったんですね。

ただ今年の7月からフィルムでも写真を撮るようになり、どうにもこうにもNIKONの色が気に食わなくなってしまいました。

ダイナミックレンジがどうとか、そういう専門的な話はわからないんですが(おい)。撮った写真をパソコン上で現像していても、なんかときめかないんですよね。

これは10年間も同じメーカーを使っているから飽きてきただけなのか…。

これから自分の考えがどのようにかわっていくかわかりませんが、ともかく今後はデジタルカメラはFUJIFILMを使っていきます。道具をかえると、写真も当然ながらかわるでしょうね。その変化も楽しみたいです。


Category:写真

tags: ,



«
»