M3 Lite 8のスクロールに難あり。M5 8へ買い換えることにしました

HuaweiのMediaPad M3 Lite 8というタブレットを2ヶ月くらい前に購入しました。

サイズ的にはすごく気に入ったのですが、どうしても操作感に不満があって手放すことにしました。その理由を書いてみます。わりと致命的な部分でした。

致命的なのはスクロールのもたつき

タブレットは、ご存知の通りタッチパネルで操作をします。購入したM3 8 Liteは反応が遅かったり引っかかったりしてたんです。

指でブラウザをスクロールすると、ほんの少し遅延があって、大袈裟に言うとカクカクする感じ。

「支障がある」とまでは言いませんが、iPad Proのヌルヌル動く感覚に慣れるとその都度ストレスが掛かります。

結局、売却して上位機種のM5を試すことに

設定で改善できないかとネット上であれこれ調べ、試せるものは一通りやってみました。でも大きな改善はなかったです。

8インチは絶妙なだけに、使用頻度がすごく高いんですよね。そして使用頻度が高いだけに、スクロールのもたつきはちょっとしんどいなあと。

買取ショップへ売却すれば、購入金額の70%くらいで引き取ってもらえそうでした。だったら早々に見切りをつけて、上位機種のM5を試してみようと思った次第。

ということで明日、M5が届きます。操作性が自分に合っていればいいですね。なんにしろ、8インチのタブレットはものすごく使いやすいですから。

M5 8にかえてみた結果は、こちらをどうぞ。

>>M5 8インチも、スクロールの引っかかる感じはM3 8 Liteと変わらず


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。