NikonとFUJIFILM。操作性ではNikonに軍配が上がる

こんにちは。使用カメラをNikonからFUJIFILMへ完全移行して、だいたい一週間くらい経ちました。

スナップとしての使用はまだですが、動画の撮影でみっちり2回ほど使ってみました。

画の美しさでFUJIFILMを選んだので、その点は満足しています。ただ動画撮影に置いて操作性という点では、圧倒的にNikonのほうが使いやすかったなと実感しました。

ボディやレンズの見た目は、FUJIFILMのほうがかっこいいんです。Nikonはまあ洒落っ気がないというか、武骨です。スタイリッシュからはほど遠いです。

でも操作に関しては、長い歴史から少しずつアップデートして使いやすいものになっていたんだなあと。

カメラでよく使う機能といえば、シャッタースピード・絞り・ISO感度の三点。

例えば使っていたNikonのD750は、シャッタースピードと絞りを右手だけで調整できます。グリップの上にダイヤルが2つあり、手前がシャッタースピードで奥が絞り。

操作方法がわからずとも、最初に触ってみるのはこの2つのダイヤルだと思います。それらをシャッタースピードと絞りに割り当てているのは、理にかなっています。

またダイヤルも少しだけ力を入れないと回らないようになっていて、その力加減が絶妙でした。撮影中は意識が被写体に集中しているため、少し強めじゃないと回らないくらいがちょうどいいんです。

これが軽すぎると合わせたい数値からずれてしまうし、硬すぎるとストレスがたまる。そのちょうど真ん中ぐらいのコンディションの良いダイヤルでした。

ISOもD750の場合は、左手で「ISO」と書いてあるボタンを押しながら、またもや手前のダイヤルを回すという設計。このときだけ両手を使うことになりますが、迷うことはなかったです。

かたやFUJIFILMの操作性ですが、シャッタースピード・絞り・ISO感度はNikonと同じダイヤル式。でもシャッタースピードとISO感度はカメラ上部に専用の独立したダイヤルがあるんです。絞りはレンズの絞りリングを回す必要があります。

これらはいずれも、右手でグリップを握りながら左手で操作する必要があります。片手では無理。変更するには両手を使う必要があるんですね。

グリップを握った右手で操作できるNikonのUIに比べ、両手が必要となると撮影中に余計な意識を使うことになります。手で反射的に操作できず、一瞬ダイヤルの一を目視してから操作することになるんです。

もちろん慣れの問題は大きいですが、「片手でできるか・両手が必要か」の差はでかいです。

ただくどいようですが、絵の雰囲気はFUJIFILMがステキです。設定を使いやすいようにカスタマイズしながら、直感的に使えるようになるまで反復していくのみですね。