アップルウォッチ4の感想を軽く

こんばんは。昨日、アップルウォッチ4が家に届いて、二日間つけて過ごしてみました。

感想は、すごく良いですね!

見た目的には、薄くなって画面が広くなったというのがあります。もちろんこれらも嬉しいのですが、何より反応が良くなったのがすばらしい。

2→3のときも「キビキビしたなー」と感じましたが、3→4もそれに劣らずです。

特にアップルウォッチの場合、Siriに話しかけて用事を頼むことが多いです。タイマー頼んだり、天気聞いたり、リマインダーをお願いしたり。

2のときは、Siriがものすごく悩んでから答えるというのがたびたびありました。3になって改善され、4ではほぼ待たされることがなくなりました。

こんな感じで、アップデートのたびに明らかな進化を感じられるのは嬉しいです。

反応を見ると、まだまだ伸びしろがありそう。アップルウォッチは、あと2世代くらいまではどんどん良くなっていく気がします。

時計型のウェラブルデバイスは、もうアップルウォッチで勝負は決まってしまうんでしょうかね。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。