SDHCカードの速度計測

先日、FUJIFILMのミラーレス一眼カメラで動画撮影を行なったところ、録画が途中で中断されるというアクシデントがありました。

原因の一つとして考えられたのは、SDカードの書き込みスピードの不足です。FUJIFILMが動画撮影で推奨しているスピードは、10MB/秒を保証するCLASS10以上です。

使っていたカードは一応、CLASS10の表示がなされていました。実際に測ってみたところ、中断したカードの書き込み速度は6MB/秒くらいの表示。「これが原因か…」と腑に落ちました。

測るのに使用したアプリはこちら。Mac用の計測アプリです。
Blackmagic Disk Speed Test

といっても他に録画が中断したカードがあり、そちらは20MB/秒くらい出ています。不明瞭な部分はありますが、いずれにせよSDカードが原因でしょう。

新しくAmazonからSanDiskのものをひとつ買ってみました。以下のものです。(こちらはアフィリエイトリンクなので、踏みたくない方は「SanDisk サンディスク SDHC カード 32GB Extreme Pro」をAmazonの検索へコピペしてください)

これが32GBで2,000円ちょっとと、ものすごく安いんですよね。まったく同じものがヨドバシカメラだと、8,000円くらいします。

あまりにも安いと「本物かいな?」と不安になってしまいますよね。ともかく一枚だけ買ってみて、速度を調べてみることにしました。

到着後にパソコンで測ってみると、書き込みで70MB/秒以上を計測。読み込みも90MB/秒とほぼ表示通りに出ました。

安くて品質もしっかりしていましたね。なんでこんなに安いのかは不明なのですが…。

速度を確認したところで、追加で4枚を購入しました。到着後にすべてのカードの速度を測ってみましたが、すべてパッケージのスペック通りの速度。これでひと安心です。

今回のできごとをきっかけに、カードの速度をきちんと自分で確認する習慣ができました。これまで説明書に書いてあることを信用して、測ってみようなんて思わなかったです。

その習慣ができただけ、失敗して得るものがあったとします。