ハッセルブラッドの修理費の見積もりがでました

写真家だった伯父さんの防湿庫に、ハッセルブラッド500CWという中判カメラが眠っていました。

何本かフィルムを入れて撮ってみたところ、マガジンに明らかな故障を発見。ネットでハッセルブラッドの修理店を探し電話してみると、「かなり使っていないようなのでボディやレンズもひと通り見てみましょうか」という話になりました。

早速昨日、宅急便で送り、今日概算の見積もりが出ました。

修理費はトータルの見積もりで14万円弱

自分としては「10万円以内に収まってくれるといいなー」と思っていましたが、軽く予算オーバーです。137,000円という金額が出ました。

電話口で症状を聞きましたが、あまり理解はできませんでした…。要は、使っていない期間が長いから、レンズもボディもマガジン2個も、いろいろな部分が劣化していたりオイル切れになっていたりしているとのこと。

取り替えの部品料込みでその金額になると言われ、思った以上にお高いので一瞬躊躇しましたが…、結局フルで直してもらうことにしました。

このカメラを受け継いだという、使命感を持つことに

躊躇した理由は、そもそも自分はハッセルブラッドで写真を撮り続けるのだろうか、という根本的な部分でした。数万円だったら、「使うかわからないけど、せっかくだから直してもらうか」と思えるんですよね。

これが14万弱となると、「現行のそこそこいいカメラ買えるやん」と思ってしまいます。

ただ今後、中判カメラをやりたいとなると、機種の選択肢は限られてきます。いろいろと調べてはみましたが、自分の単純な好みとしてハッセルブラッドがいちばんいいんです。

そんなこんなで、お金はがんばって稼げば手に入りますが、伯父さんが残してくれたハッセルブラッドはこの世にひとつしかありません。「このカメラを生き返らせるのは自分の使命」くらいに思って、万全の状態で戻ってくるのを心待ちにすることにしました。

いやー、それにしても高くついた!


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。