フリーランチはない、ということ

伯父さんが使っていたハッセルブラッドというカメラを見つけ、使わせてもらうことにしました。ところが不具合が見つかり、修理へ出すことに。その代金の見積もりは、137,000円でした。

137,000円というのは、なかなかの金額です。これだけあれば、他に買いたいものがいろいろと出てきてしまいます。

それでもぼくは、修理をお願いすることにしました。中判カメラをやってみたいというのもあるし、ハッセルブラッドが好きになったというのもあります。

そしてなにより、亡くなった伯父さんのカメラを見つけ、ちょっと使ってみて、「壊れてるな。直すとお金がかかるからもういいや」というのはなんか違うなと思ったんですね。

要は、「フリーランチ(タダ飯)はない」ということです。

「伯父さんの防湿庫にフィルムカメラが入ってた。ラッキー」という話じゃないんだよなと。

伯父さんは一昨年に亡くなっています。その方の道具をお借りするのであれば、きちんと責任を持って扱わないとだめなんですよね。

使わせてもらう以上、何かしら不具合があるのなら自分で費用を捻出するのは、まあ当たり前のことなんです。

同じように35mmフィルムのCONTAX RXというカメラもお借りしています。こちらは特に問題なく使えてはいますが、念のためにメンテナンスへ出すことにしました。

こちらは中古市場で1万円程度と安価に取り引きされているカメラです。

見積もりによっては1万円を軽く超えてしまうかもしれませんが、「他ならぬ伯父さんが使っていたカメラ」ということに自分は存在理由を感じています。そこは得とか損とかではなく、万全の状態にしたいです。

メンテナンスすれば、愛着も深まるかなと思っています。