荷物を1グラム軽くすれば、1グラム分の疲労を軽減できる

2018-10-09 23:06

先週末から翌月曜にかけて、世間的には三連休でした。ぼくはありがたいことに三連休とも結婚式の動画撮影のお仕事が入っていました。

といっても3日連続で撮影を行なうと、疲労はかなりのもの。「3連チャン明けの今日は一日、体が動かないだろうな。ダラダラしていよう」と思っていました。

ところがですね、とくに疲労感がなく、普通に朝は起きられました。一日の活動を通常通り開始して、エネルギーが切れないまま夜まで過ごしました。

あれ、なんでだろうと不思議に思いました。そういえば3日連続での撮影中も、それほど疲労感がなかったんですよね。

考えた結果、それは機材の重量をかなり減らしたからだと思いいたりました。

一眼レフカメラ×2台から、ミラーレス一眼カメラ×2台へ変更し、他にも三脚やスライダーの持ち運びをやめました。スタビライザーも軽いものに変え、トータルで5キロは確実に軽くなったはず。

筋トレに「重量挙げ」があるくらいですから、重い荷物の持ち運びはそれだけで筋力を消費します。撮影中もカメラが1グラム軽くなれば、1グラム分の疲労が軽減している。そのことを我が身をもって体感したというわけです。

持ち運びの荷物はできる限り軽くしたほうがよいですね。疲労が少なければ気持ちに余裕もできます。それは仕事だけでなく、翌日の生活の質にも関わってきます。

普段、疲れているひとは、持ち運びの荷物の重量を見直してみてはいかがでしょうか。想像以上に効果があると思います。


Category:生活

tags:



«
»