出たり入ったり暴れたり

ぼくの家には知り合いから預かっているねこがいます。

ぼくが寝ているときはいつも別の部屋のどこかにいたようなのですが、最近寒くなってきたからかベッドの上に来て丸くなるようになりました。

そして昨日の夜、とうとう布団の中に入ってきました。ねこは寒がりですからね。気温の低下で、ついに我慢できなくなってきたのでしょう。

昨日寝ていたら、首の上にあきらかにねこが踏んづけている気配がするんですね。普通に首が痛いわけですが。

暗闇の中、「え、なに?入りたいの?」と聞いて布団を持ち上げて隙間を作ったら、するすると入ってきました。その後、布団のなかでしばらく暴れていましたが(だったら入ってこないでほしい)、静かになりました。いつの間にかぼくも寝ていました。

数時間が経ってから、また首のあたりを踏んづけられる感じで起こされてしまいました。確かに布団の中にいたはずなんですが、いつの間にか外へ出たようです。そしてまた「入りたい」といって、首を踏んづけてくるんですね。

適当に隙間を見つけて勝手に入っていただければと思うんですが。また隙間を作って中に入れ、そしてまたしばらく布団のなかで暴れていました。

そのまま朝を迎え、ねこはというと、布団の上に丸くなって眠っていました。中に入ってきたり外へ出たりと忙しいです。

そうはいっても、ねこが入ってくると暖かさが増してきますね。出たり入ったり暴れたりが毎日続くのかと思うと少し気が重くなりますが、暖かくなるのならいいかなと歓迎することにしました。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。