ハッセルブラッドのPME51プリズムファインダーを見つけました

公開日 2018-10-25 最終更新日 2021-04-07

亡くなった伯父さんのHasselblad 500C/Mを使って、街なかの写真などを撮っています。

このカメラは普通の一眼レフカメラとは違って、上から覗き込んで撮るウェストビューファインタッチです。
しかもファインダーに映る像が、鏡のように左右反転します。
この「左右逆」が、撮影する上で足かせになります。

ファインダーをみながら、「もうちょっと左を入れよう」と思って左にカメラを振ると、逆に見えなくなってしまうのです。
軽く頭がこんがらがります。

自分が思うような構図をなかなかうまく取れません。
左右ばかり気にしていると、傾きや上下の余白がおろそかになります。
難易度が高いです。

SPONSORED

PME51プリズムファインダーを発見

そんなことを思いつつ伯父さんの防湿庫を探索してみたら、ハッセルブラッド用の外付けファインダーを見つけました。
型式を調べてみたところ、「PME51プリズムファインダー」というものでした。

これがなかなかの優れものでした。
PME51プリズムファインダーは、そのなかで像を反転させて、見たままの景色を映してくれるんです。
撮影が相当に楽になります。

しかも、露出計を備えていました。
ハッセルは露出計がないため、撮影のたびにiPhoneのアプリで調べていたんですよね。
あいにく電池が切れていたので、すぐにAmazonで購入。
4LR44 6Vという今まで使ったことのない電池でした。

総重量が、なんと2キロ近くに

早速、装着した状態で撮影をしてみましたが、想像以上に重量が掛かりました。
ハッセル本体と80mm/f2.8レンズだけで1470グラムするのが、さらに430グラム加算されます。
総重量は実に1900グラム。
かなり厳しい。

実際に撮ってみると左右反転は解消されて良いです。
視点もアイレベルを保てるため、あおりではなく被写体に正対して撮れます。

ただこれだけ重くてなると、やはり実用的ではないですね。
悩ましいところです。

ハッセルブラッドの関連記事

ハッセルブラッドは、使えば使うほど魅力が増してくる不思議なカメラです。
ハッセルブラッドのメリットの一つに「偶然性」があります。
そのことについて、以下の記事に書きました。

ハッセルブラッドを手にした経緯や、写真展を開催するまでのことをnoteに書きました。

SPONSORED