ハッセルブラッドにNDフィルターを装着

ハッセルブラッド500C/Mは、現代のデジカメと比べると色々たいへんな部分があるのですが、そのひとつがシャッタースピードの制限です。
最高速度が1/500なんですね。

昼間の明るい日差しでは、適正露出にするため絞り値を絞らざるを得ない。
f8くらいならいいんですが、f11とかf16とかまで絞る必要も出てきます。

このくらい絞ってしまうと、写っている像が全体的にシャープになってしまい、とても硬い雰囲気の写真になります。

絞りを開放できるように、NDフィルターを買うことに

硬い写真が好きであれば問題ないんですが、自分はどちらかというとふんわりしたイメージが好み。
これを回避するため、少し暗めのフィルターをつけることにしました。

購入したのは、KenkoのND4です。
これをつければ、絞り二段分明るくできます。

つまりシャッタースピード1/500でf8が適正露出でも、二段開いてf4での撮影が可能になります。

ハッセルブラッドは、フィルターを付けるのにアダプターが必要だった

でもハッセルブラッドは、一筋縄ではいきません。

フィルターをつける部分が独特な形状をしているため、アダプターを挟む必要があるのです。

そのアダプターの名称を、ステップアップリングといいます。
ハッセルブラッドの場合、径60mmを径67mmへ変換するハッセル用のステップアップリングが必要となります。

ともかく試しに買ってみようと、カメラアクセサリーを取り扱っているお店から購入してみました。
お値段は、送料込みで2,000円弱。

購入したのはこちらの通販サイトです。
B60-67mmという製品になります。
(まだ買わないでください。続きがあります)

所持している80mmレンズに合わなかった

今日、届いてつけてみたんですが、なんと自分が普段付けているPlanar T* 80mm/f2.8のレンズには合いませんでした。

「あれ、おかしいな。そんなはずは…」と思ってウェブ上で確かめてみましたが、径60mmは120mm/f4など焦点距離の長いレンズに使うものでした。
80mmは径50mm。径60mm用は合わないんです。

そうなると買い直す必要が出てくるわけですが、また2,000円くらいを出費する気にはならないんですよね。

どうしたものかと思いつつ伯父さんの防湿庫を探してみたら、径50mmを径67mmに変換するステップアップリングを見つけました…。

なんてことはない、わざわざ買わずとも伯父さんは持っていたんですね。

はめてみたところサイズはばっちり。
あらかじめ用意してあった径67mmのNDフィルターも無事、はめることができました。

使っているひとが少ないから、情報を探すにもひと苦労

こんな感じで、古いカメラは一つ一つに対して苦労がともないます。
これはなぜかというと、使っている人が少ない分、情報もまた少ないのがあります。

知りたいことがあってネット検索しても、なかなか欲しい情報にたどり着くことができません。

なのでハッセルブラッドでなにか解決できたことがあれば、ブログに書いていこうと思っています。
広大なネットの海で、自分の行動が誰かの役に立つかもしれません。

しかし苦労する分、思い入れは出てきますね。

関連記事