カフェでパソコンをいじっていると、仕事をした気になってしまう。それが問題だ

ここひと月くらいスタバへ行くことをやめていたんですが、最近はまた行くようになっています。

結局、スタバにいると、「インプットもアウトプットもはかどる!」ということに改めて気づいたんですね。

作業をしていると、ちょうど1時間で飲み物を飲み終わります。それが自分の中でタイムリミットになり、締切効果が働いてサクサクと作業を進められるようです。

なんとなく癖でカフェに行っていた

そもそもなぜスタバへ行くのをやめようかと思ったか。

単純にお金がもったいないというのと、なんとなく癖で行っているのがちょっと嫌だったんですね。

癖で何かをやることほど、つまらないものはありません。

同じことを自動運転的にやっていると脳みそが退化しそうに思います。自分にとってのスタバというのがまさにそれで、ふと時間が空くと「スタバでも行くか〜」となっていたんですね。

カフェスペースというのは、パソコンを開いているとなんとなく「何かをやった」気になります。この主体的でない感じもちょっといかんなと。

だったら片付けたいインプットやアウトプットがあるときに、主体的に行けばいいやん、と思ったわけです。カフェに行けば作業が進むので、やることがあるのなら問題ありません。

ということでまたスターバックスにお世話になりそうです。ちなみにカフェインをやめているので、デカフェのソイラテを頼んでいます。