英語の勉強にTwitterを利用する

2018-11-16 21:50

アイルランドへ行くまで、あと2週間くらいになりました。着々と準備は進んでいるんですが、ひとつ懸案があります。普段、ほとんど英語を使っていないのに、いきなり英語圏の語学学校へいっても大丈夫なのかということです。

まあ普通に考えれば、あんまり大丈夫じゃないですよね。少しでも聞き取りができたり、話ができるようになったほうがいいに決まっています。

そこであと2週間足らずと日はないですが、日本にいるうち少しでも英語に慣れておくことにしました。

最初はYouTubeの英語のニュースを見ていたんですが、そもそもわからない単語がたくさんあるため、意味不明の呪文にしか聞こえなかったです。

そこで試しに、twitterで英語のアカウントをフォローしてみることに。世界的に有名なニュース番組のCNNとBBCを選んで、流れてくるtweetをかたっぱしから読みました。

twitterでも単語がわからなければつまづくのですが、AppleのアプリのTweetbotには、「翻訳する」というボタンがついています。

それを押すとアプリ内もしくはブラウザのGoogleで翻訳をしてくれるんです。さらにGoogleであれば、ボタンひとつで音声読み上げもしてくれます。140語とほどよい文字数の英文を和訳・ヒアリング込みで読むことができるのです。

これはすごく効率がいいなと思いました。昔は英語の文章を紙の辞書片手に読んだものです。それに比べたらなんと楽なことなのか!

ただ多少問題があって、CNNやBBCは国際情勢や政治のニュースが多くなります。そうなると使われる単語が専門的で難しく、「こんなの日常会話で使わんだろ??」というものばかり。

twitter上で、もうちょっとくだけた調子の英文を読めれば言うことなしなんですがねー。

そういうものも探しつつ、アイルランドへ行くまではtwitterにかじりついていたいと思います。


Category:生活

tags:



«
»