心が落ち着く、自然のゆらぎ

2018-11-22 23:20

仕事柄、というか自分が好きだからなんですが、一日の大半はディスプレイを見て過ごします。

パソコンであったり、タブレットであったり、スマホであったり。ぼくはディスプレイを見るのが好きなので、いつまでも見ていられるんですよね。

でも、今日は「こうして画面ばっかり見ているとリラックスできないな」と感じることがありました。

車のタイヤを冬用に替えてしまおうと、スーパーオートバックスへ行きました。降雪地帯の金沢は、今くらい時期になると大勢の人がこぞってタイヤを替えに行きます。14時半くらいに行ってみると、「17時半になったら空きますので、予約を入れておきますね」と言われました。

実に3時間も待ち時間があります。一度、家に帰ろうかと思いましたが、テルメ金沢というスーパー銭湯へ行ってみることにしました。風呂に入ってタブレットをいじっていれば、3時間なんてすぐに経つだろうと思ったんですね。

そういえばお風呂に入るのは久しぶりです。いや、もちろん毎日シャワーは浴びていますよ。湯船に浸かるということを普段の生活ではしないんです。

久しぶりの入浴。スーパー銭湯の大きな湯船に浸かっていると、外からの光が反射してお湯が揺らめいて見えました。その様子を見るともなく見ていたら、ものすごくリラックスできたんですよね。

なんにも考えずに、頭のなかが空っぽになりました。

湯船から上がるころには、身体だけでなく頭のなかもすっきり。絡まっていた糸がほどけたようにクリアになっていました。

お湯のゆらゆらと揺れる様子を見ていて、心が落ち着いたんですね。そうした自然のゆらぎは、「1/fゆらぎ」と呼ばれています。炎や風、波音などもそうです。規則的動きと不規則な動きの調和した状態を見ると、心がリラックスするのです。

【参考】リラックスに深くかかわる「1/fゆらぎ」って知ってる?

まあお風呂から上がったあとはタブレットをずっと見ていましたし、今もこうしてパソコンの画面を見ながら文章を書いているわけですが…。

そういったゆらぎを意識的に取ったほうが、心の状態が良くなって効率が良くなる。生活も快適になるだろうな。そんなことを思いました。


Category:生活

tags:



«
»