「人間はめんどくさがり」を前提として、生活の設計をする必要がある

2018-11-24 21:03

最近、ハーブティーをよく飲んでいます。購入したのは5日くらい前なんですが、「買ったらこればっかり飲むだろうな」と予想していて、その通りになった感じです。

どういうことかというと、家にはカフェインレスコーヒーもあるんです。でも豆で買っているため飲むためには、

①コーヒーミルを掃除して
②コーヒー豆を挽き
③お湯を沸かして
④ドリップする

と4工程が必要になります。

それがハーブティーの場合は、

①お湯を沸かして
②ティーパックを入れる

以上の2工程です。圧倒的に作業が楽だし時間も掛からないんですね。

カフェインレスコーヒーもハーブティーも、どちらともそれぞれ美味しいです。味に大きな優劣がないため、「絶対に楽なほうばかりを選択するだろうな」と自分の行動を予測したんですね。するとまんまとその通りになったという次第。

これ何度か書いているんですが、人間というのは本当にめんどくさがりなんですよ。ひとつでも工程を省けるなら、そちらを無意識で選択します。

「人間はめんどくさがり」というのを踏まえた上で、生活の仕方を設計しなくてはだめですね。ルンバやホットクックというのは、「作業を省き」かつ「生活が快適になる」からヒットしているんだと思います。


Category:生活

tags:



«
»