自分が話す英語の問題点

2018-12-04 4:47

ダブリンに来てから5日ほど経ちました。もちろん英語ばかり聞いて、話をしています。

ほんの5日ほどではありますが、自分のスピーキングでいちばんダメなところを客観的に考えてみました。問題は大きく2つ。まずは時制がめちゃくちゃになってしまう点です。

とっさの受け答えは、ほとんど現在形で話してしまいます。

でも当然ですが過去のことは動詞を過去形にしなくてはならないし、未来のことは未来形にしなくてはなりません。会話では過去形か未来形で話すことがほとんど。でもそこまで気が回らなくて、口から出る言葉は現在形ばかり。

ブロークンイングリッシュと言われればそれまででしょうが、基本的な部分なのでなんとかしなきゃなあと思っています。

もう一つは、主語と述語の問題です。ひとつの主語に述語を2つとか使ってしまいます。そもそも話すときに、“I(私)”で始めることができません。なので自分で話していて不自然な文章になって、パニクってしまいます。

「そんな簡単なことが??」という感じではありますが、日本語って「ぼく」や「おれ」など主語のほとんどを省略して話すんですよね。

なので一旦、日本語で考えてからそれを英語に直そうとすると、主語をすっとばしてしまうのかなと。

このあたりを意識的に直しつつ、スムーズに受け答えしなくちゃですね。

でもクラスメートに「語学学校には3週間しかいない」というと、「短いねー!!」と驚かれます。半年ぐらい滞在しないと語学は身につかないのだとか。

期間は決めちゃったことなのでしょうがないですが、3週間なりの成果はなんとか出したいところです。


Category:

tags: ,



«
»