常に変化していくこと。同じことを繰り返さないこと

今はスペインのマドリードにいて、時刻は21時半です。年明けまで2時間半ありますが、SNSを見ると日本のみなさんがすでに年明けを祝っています。なんか変な感じがしますね。

ともかくまだ年は明けていないのですが、明けて2019年、ぼくは46歳の年になります。もう背伸びせずに50歳が見えてきました。

ぼくは50歳になったときにものすごく恐れていることがあります。それは「変化することを拒むのではないか」ということです。

自分の勝手な思い込みかもしれませんが、人間は50歳を越えると変化を受け入れるのが難しくなるのではないかと感じています。

同じことをやり続けるのは楽なことです。頭で考えずに済む。

年を取れば取るほど、脳の回転は鈍っていきますよね。これは全員が共通のことです。なのでそのうち、考えないで済むことを選んでいくのではないか。意識しないまま、変化を拒むようになるのではないか。

そんなことを考えると「ちょっと困るな」と思ってしまうのです。

これからものすごい速度で世の中が変わっていきます。これはもうわかっていることです。

そのスピードを目の前にして諦めてしまうか、変化をどんどん受け入れて社会の進化を楽しんでいくか。どちらが良いかは自明ですね。

常に変化していくこと。これを胸に思いながら、年明けを待ちたいと思います。

Pocket

Scroll to top