海外の飲食店は、自分の勘を頼りに選ぶ

海外の旅を何カ国も続けてきて、飲食店に関し変化があります。
それは、「ネットで調べず飛び込みで入るようになったこと」です。

ネット検索せず飲食店を選ぶと、自由な心を持てた

いまはグルメサイトがたくさんあります。
誰もがレストランを手軽に評価できる時代です。

するとその土地へ初めてきたひとが、まずはネットで飲食店を探す。
これはごく当たり前の行動です。

グーグルマップでも評価を見れますし、トリップアドバイザーにはランク付けが載っています。

ぼくも去年5月に行ったイタリアでは、すべてトリップアドバイザーで調べて決めました。

ランチもディナーもランキングをつぶさに見て、何店かをピックアップ。

実際にお店まで行って、外観の雰囲気から入るかを決めていました。

ネットを使うのは、ひとえに失敗したくないから

どうしてネットで調べるかといえば、ひとえに失敗したくないからです。

せっかくの機会なのだから、安くて美味しいものを食べたい。
リスクを取りたくない。
失敗したくない。
そのため評判のよいところを探すわけです。

でも今回のヨーロッパの旅では、一度もグルメサイト頼りにお店へ行っていません。

お腹の空いたタイミングで目についた店を見て、単純に「入ってみたい」「良さそうだ」と思えばそのまま入っています。

もっと自由になるため、自分の勘を頼りに

ネット検索すれば、もっといい店に行けるかもしれません。
そういう意味では機会損失をしています。

でもなんだかめんどくさくなってしまったんですよね、
そうやってネットで探すことに。

まずかったらまずかったでいいじゃないか、そのことをブログに書けばいい。
そんなふうにも思っています。

そして実際にまずい店があったかというと、それがないんですよね。
どこも美味しかったです。

飲食店で美味しくない店というのはそうそうないですし、店構えを見ればだいたいの目星はつきます。

それにネットで探してから行くと、「ひょっとして候補に上げた別の店のほうが美味しいのでは」と不安がよぎります。

探せば探すほど、「これは本当に良い店なのか」と確信がゆらいできます。

そういった経緯で、いまは自分の勘を頼りに飲食店を選んでいます。

結果的に満足できていますね。
ネットは便利でありながら、自分の自由を妨げるものなのです。

Pocket

Scroll to top