ヨーロッパでの移動手段は『Omio(GoEuro)』で効率的よく取得

※GoEuroは2019年5月にOmioと名称変更しました。この記事ではOmioで統一します。

ヨーロッパを旅行していて便利なアプリが、『Omio』です。

地続きのヨーロッパは、飛行機だけでなく列車やバスで移動できます。『Omio』は移動したい2つの都市名を入れると、飛行機・列車・バスのそれぞれの時刻と値段が一覧で出てきます。所要時間や料金が書いてあり、自分の予定と予算を考え最適なものを簡単に選ぶことができます。

ヨーロッパ移動では、『Omio(GoEuro)』で予約も購入も効率よく

このアプリの優れている点は、そのままアプリ上で購入可能なところ。しかもクレジットカードだけでなくペイパル決済もできます。

ぼくのメインのクレジットカードが、なぜかヨーロッパでウェブ決済をするとたまに弾かれることがあるんです。ペイパルを選べるならその心配もなくなります。

アプリ上で電子チケットとして管理できる

さらに便利なのは、チケット購入後はアプリ上で電子チケットとして管理できます。電車やバスに乗るときは『Omio』の画面からチケットを選び、表示した画面を係の人へ見せればOK。

ウェブの旅行サイトなどでチケットを買うと、メールでPDFが送られてきますよね。いざ乗るときには、そのメールを探すのに時間が掛かってしまうことも…。チケットをアプリ上で一元管理できると、そういった心配もなくなります。

ヨーロッパへ行かれる際は、ぜひ使ってみてください。

Pocket

Scroll to top