一日に何度もカフェへ立ち寄るヨーロッパ

ヨーロッパを旅しています。ポルトガル〜スペインと移動してきて思うのは、フルーツの安さと美味しさです。昼はリンゴを一個とバナナを一本買いました。これで1ユーロ切るぐらい。100円ちょっとしかしないんですよね。お安いです。

ヨーロッパの多くの国では、路上のあちこちにゴミ箱が設置してあります。路上でバナナを食べたら皮をゴミ箱に捨て、移動して今度はリンゴを食べたら芯をまた新しく見つけたゴミ箱に捨てる。こんな調子で果物屋さんを見掛けては、つまみ食いしてしまいます。

ヨーロッパでは一日に何度もカフェへ行く

もうひとつ安いと思うのが、カフェの値段です。日本の感覚だと、クロワッサンは100円くらいで、カフェラテは400円くらいです。でもポルトガルとスペインではその逆で、チョコ・クロワッサンが300円くらいカフェラテは180円くらいでした。

フルーツと同じように、カフェラテやエスプレッソもまた安いと感じます。カフェが手頃な値段なのは文化として根付いているからでしょうか。

日本のようにカフェラテが一杯400円以上してしまうと、一日に何回も飲む気になりません。でも200円しないくらいだったら、「喉が渇いたな。ちょっとカフェへ寄ろう」と気軽に思えます。ヨーロッパでカフェの料金を払うたびに、「日本でもこのくらいの値段で飲めたらなあ」と思ってしまいます。

牛丼を400円で食べられる日本もすごい

まあそのかわり日本にも、安くて美味しいものがたくさんありますからね。牛丼が一杯400円で食べれるのってやっぱりすごいです。それぞれの国の良いものをうまく使って、快適に旅を続けます。

Pocket

Scroll to top