英語の感覚を維持するため、普段の生活に染み込ませる

3週間くらいアイルランドの語学学校で英語を勉強したあと、ポルトガル・スペインと非英語圏の国へ来ました。

しばらく英語を使わないでいると、忘れそうに思えてきました。

せっかく時間とお金を使ったのに、このまま抜け落ちたらもったいない。
そう思い、少しでも英語に触れ過ごすよう工夫しています。

感覚維持のため、スマホの設定を英語にする

1つ目はネットフリックスのアメリカドラマを、英語字幕を出して毎日一話ずつ見ています。

字幕を追いながらリスニングすると、英語の感覚を維持できます。
ドラマ自体がおもしろいので、習慣化もそれほど苦労しません。

2つ目に、スマホの言語設定を英語にしました。
操作するには、英語を解読する必要があります。

スマホに使われる英語は些細なものではありますが、頻繁に英単語を目にすることで感覚の維持に役立ちます。

3つ目に、iPhoneのSiriの言語設定も英語にしました。
天気とか気温をよく聞くのですが、英語で話しかけないと望んでいる答えが返ってきません。

しかもSiriはヒアリングがシビア。
正確な発音でなければ、別の英単語として認識されます。
これもまた英語の勉強になります。

ともかく毎日使って、体へ染み込ませる

こんな感じで、否が応でも英語に触れる環境にしました。
生活のなかへ英語を入れて、忘れないようにしています。

これらで劇的に英語力がつくわけでなく、落とさないよう維持していくイメージです。

特にスマホは毎日使うものなので、設定を英語にしてしまうのは効果ありです。

Pocket

Scroll to top