料理は、覚えておくと得するライフスキル

ヨーロッパを旅行中です。今はパリにいます。エアビーアンドビーで見つけた宿では、キッチンを自由に使えます。節約のため朝晩と自炊しています。

5ユーロ程度で、美味しいステーキ料理とデザート

今日の夜は、牛肉のステーキにしました。パリには一週間しかいないので、食材は使い切りたい。それでいて美味しいものも食べたい。となると焼くだけで美味しく食べられるステーキがいいか、となりました。

最初に牛肉のロースをじっくり焼き、焼き上がったら同じフライパンでソースを作ります。ソースは角切りにしたトマトと粗みじん切りにしたオリーブをいため、キッチンにあったドライハーブをひとつまみ。これを牛肉にのせるだけで美味しいステーキ料理のできあがりです。

付け合せには、ルーコラやトレビスなどが入ったサラダ野菜。パンと一緒にリンゴもむきました。お腹いっぱいで、予算は4〜5ユーロです。経済的です。

料理ができなければ、長期の海外滞在で詰んでいた

ぼくはほんの数年、料理店で働いていた経験があります。そのときに料理の基本を覚えたので、それなりのものは作れます。

もし料理ができなかったら悲惨でしたね。毎日外食するか、自炊しようにも肉野菜炒めくらいしか作れなかったです。味付けは焼肉のタレか醤油しか思いつかないため、海外では詰んでしまいます。

料理は覚えておいて損しないライフスキルです

長い人生を生きていく上で、必要なスキルというのはいくつもあります。パソコンを使えたほうが良いし、英語もできたほうが便利。あとは料理ができると、生活の質が確実に向上します。

料理は覚えておいて損のしないスキルです。学生時代など、一人暮らしのうちにきちんとした料理本片手にひと通り作れるようになると便利ですよ。

Pocket

Scroll to top