ヨーロッパの公共交通機関は、本当に使いやすい

2019-01-15 5:49

パリからベルリンへ移動しました。

ヨーロッパを旅していて感心するのが、公共交通機関の使いやすさです。ベルリンは地下鉄と高速電車、トラム、バスの四種類が利用できます。非常に便利なのが、これらはチケットが共通なんです。

一回券もあれば、一日券もあります。ぼくは7日間のフリーパスを買いました。これを持てば、四種類の交通機関が乗り放題です。

今日は一日、市内を移動していました。最初は地下鉄で移動して、次は地下鉄とバス。そしてトラムに2回のって、最後は地下鉄で帰ってきました。

これだけ交通機関があると、少し歩くだけでいずれかの駅に着くことができます。そしていちいち料金のことを気にすることなく、乗っては降りてを繰り返すことができる。体験してみるとわかりますが、これは本当にストレスがなく楽ちんなんです。

これはベルリンに限ったことではありません。ロンドンもリスボンもバルセロナもパリもそうでした。住むひとだけでなく、観光客のことも考慮して設計してあるんですよね。移動にストレスがないというのは、旅行者にとって大きなポイントです。

かたや日本はどうでしょう。ひとつのチケットで主要な交通機関すべて乗れるでしょうか。旅行者に使いやすいフリーパスが用意されているでしょうか。

地元・金沢の場合はバスが発達しているのですが、なんと6系統ものバスが走っています。北鉄バスが一日フリーパスを発行していますが、もちろん使えるのは北鉄バスだけ。

しかも料金は均一であったり、乗る距離で変動したりと会社によってバラバラ。降りるときの後払いなので、初めて訪れた外国人観光客はそうとう戸惑いそうです。

かといってUberを呼びたくても、日本は解禁されていないんですよね。タクシーはありますが、クレジットカードはすべての車両で使えるのでしょうか。

日本に訪れる外国人観光客が、ブログで日本の交通機関をディスりまくっているのが目に浮かびますよ…。


Category:

tags: , , ,



«
»