NO IMAGE

旅の滞在日数について考える。短く色んなところを渡り歩くか、ひとつにじっくり滞在するか

NO IMAGE

ヨーロッパを旅している途中です。あと10日ほどで日本へ帰ります。

旅の滞在は、短期で複数国か長期でじっくりか

アイルランドのダブリンに3週間いたあとに、ロンドン、ポルト、リスボン、マドリード、バルセロナ、パリ、ベルリン、そしてプラハと回ってきました。このうち1週間ほど滞在したのは、ロンドン・フランス・ベルリンの3つだけ。あとは2泊か3泊で移動しています。

プラハのあとはウィーンにいきます。そのあとはベネチア、ナポリと回ります。これらで長く滞在するところはありません。どれもが2泊か3泊の駆け足の滞在です。

宿の手配を終えてから、「回る都市を少なくして、それぞれを長く泊まればよかったかな」と思いました。例えばベネチアをやめて、ナポリに長くいるとか。プラハをやめて、ウィーンの滞在を延ばすとか。

2泊・3泊では、その街のことはわからない

それというのも、これまでの旅で記憶に深く残っているのは、やはり一週間くらいいたところなんですよね。

しかもベルリンの場合は、最初の数日は印象が悪く終盤になるにつれて良くなっていきました。ベルリン滞在がわずかなら、印象の悪いまま終わっていたでしょう。やはり2泊、3泊ではその街のことはわかりません。

でもまあ、今回はこれで良しとします。こうやって長期間にわたって旅をしたのは初めてなのです。勝手がわからなくて当たり前ですね。

今後は一度海外へ出たら、少なくとも1ヶ月くらいは同じ都市に滞在するつもりでいます。2泊、3泊で次々と渡り歩くことはしないでしょう。これも経験したからこそわかりました。まだまだ人生は続きますから。失敗しながら少しずつ進んでいきます。

NO IMAGE
最新記事をTwitterでお知らせしています