エアビーの宿の場所をなかなか特定できなかった

ベネチアからナポリへ移動しました。

今回の宿もエアビーアンドビーで取りましたが、場所を探すのにすごく苦労しました。なぜかというと、グーグルマップの場所が間違っていたからなんですよね。

エアビーのアプリをiPhoneで開くと、泊まる宿の場所を教えてくれるボタンがあります。それを押すと、「Appleの地図で開きますか?」「グーグルマップで開きますか?」「住所をコピーしますか?」の三択が登場します。

ぼくはこれまで、グーグルマップで開くのを選択していました。なぜかというとグーグルマップには泊まる場所に、「○月○日〜○月○日まで宿泊」みたいな表示が出るからなんです。それを頼りにしていけば、まず間違えることはないだろうなと。

でもナポリの宿をグーグルマップで開くと、結果的に宿から300メートルくらい離れた地点を表示していました。しかもその間違っている場所に「○月○日〜○月○日まで宿泊」と書いてあるものだから、完全に信用してしまいました。

その周辺を30分くらいウロウロしてしまい、何度もホストへ「場所がわかりません」と連絡。ホストは玄関や通りの写真を送ってくれるのですが、そもそもの場所が違っているため写真に合致するところを発見できないんです。

結局はそのへんにいるひとへ聞き込みをして、なんとか辿り着くことができました。

ちなみに落ち着いてから「Appleの地図で開きますか?」を選択してみると、正確な場所を記していました。「住所をコピーしますか?」を選択してグーグルマップへコピペしてみても、正確な場所を教えてくれます。

よりによって三択のうちの、唯一不正解なものを選んでしまっていたわけです。でも「○月○日〜○月○日まで宿泊」とまで書いてあるんだから、間違ってしまうよなー。

エアビーで表示される住所が間違っているのは、これが初めてではないんですよね。これまでも何回かあって、その都度、別のマップを開くなり人に聞くなりして探し当ててきました。

ホストも道案内が不得意なひともいますから。なんとかいろいろな方法を駆使して見つけるしかないです。

今回の教訓は、「グーグルマップに『○月○日〜○月○日まで宿泊』と書かれていても、間違っていることがある」ですね。柔軟な思考でいきたいです。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。