風邪を引くと、生活のクオリティが一気に落ちる

2019-02-03 5:51

ちょうど一週間前にナポリにいました。そこで風邪をひいてしまい、今日まで症状が悪かったです。夜になってようやく体調は戻ってきた感じ。少し咳は出ますが、まあ一安心です。

数年に一回、風邪をひくんですが、そのレアなところをイタリアで引き当ててしまいました。旅の終盤だったのが幸いでした。

体調が戻ってきた今になって思うことは、風邪というのは生活のクオリティを一気に落としてしまうな、ということです。

ダルいとか熱っぽいとか咳や鼻水が出るという、身体的な不調がまずあります。それにともなって、お風呂だったり、食事だったり、掃除・洗濯だったり、あらゆることがおろそかになってしまいます。

4日前に旅から帰ってきましたが、バックパックの中身を開けることすらできず、ひたすらベッドで寝ていました。

2ヶ月ぶりに帰ってきた日本なので、やることは無限にあるわけです。それでも体がしんどくてやろうという気になりません。

でも今日、少し元気になってきたら、細々したことを一気に片付けることができました。体調ひとつで、行動力がぜんぜん変わってしまうんです。

当たり前のことですが、やはり健康がいちばん大切です。特に風邪は、自分のケアで予防可能です。外から帰ってきたら、忘れずに手洗いとうがいをするだけで風邪のウィルスを排除できます。

手洗いとうがいは必ず習慣にしたいです。今回の風邪で、つくづくそう思いました。


Category:生活

tags:



«
»