YouTuberの動画は、やたら形容詞の多い文章みたい

2019-02-04 1:44

まだ風邪が全回復ではないので、あまり外へ出ず家のなかにいます。

そうなると本を読むなり文章を書くなりすればいいのですが、風邪でしんどいのであんまり頭を使いたくない。特に文章を読む気にならない。なのでSNSも、特にTwitterはほとんど見ていません。

じゃあ何をしているかといえば、YouTubeばかり見ています。YouTubeしか見ていないので、ブログに書くこともそれくらいです。これはあきまへん。

YouTubeは本当にテレビと同じだなと思いました。何を見るか選ぶ必要はありますが、動画が流れているときは何も考えなくていい。そうして本当に何も考えずに見てしまって、あっという間に時間が経ってしまいます。

一本あたりの長さが10分くらいと短いため、ひとつのものを見るのにそんなに罪悪感がないんですよね。

一時間のテレビ番組を丸々見てしまったら、「あー、テレビで無駄に過ごしてしまったな」と思うかもしれません。でもYouTubeの5分とか10分の動画であれば、「これだけ見ようかな」と軽く考えてしまいます。

この「一本だけ」が積み重なって、いつの間にか数時間が経過しています。怖ろしすぎる。

同じ動画を見るなら、ネットフリックスの海外ドラマを見ればよかった。特にYouTuberの動画はやたら形容詞の多い文章みたいな感じで、見ているときは興味をひかれても終わったあとに何も残らない感がすごいです。

さすがに風邪も良くなってきましたし、いい加減ダラダラするのはやめときます。


Category:生活

tags: ,



«
»