日本の設定のままで、ヨーロッパでもアップルペイが使えた模様

2019-02-07 1:05

毎回、役に立つような立たないような微妙な内容ばかり書いていますが、今日もそんな感じです。

2ヶ月間のヨーロッパ旅行ではクレジットカード払いをよく行ないました。ヨーロッパのクレジットカードには非接触ICカードとして使えるものがあるらしく、カードをささずに読み取り機にかざされることがよくありました。

当然、ぼくのカードはチップが入っていないため、すぐに「あ、非対応だね」といった感じでカードを挿入して決済されていました。

特にこれで問題はなかったんですが、今YouTuberのドリキンさんのマルタ島旅行を見ていたら、決済をアップルペイで行なっていました。

アップルペイはiPhoneやアップルウォッチでカードを画面に出し、NFC決済マークに近づければ暗証番号を入れることなく即座に決済が完了するというものです。

それを見ていたら、「ひょっとして自分のiPhoneでもできたのかも」と思いました。

ぼくもiPhoneとアップルウォッチにクレジットカードを登録しています。でも日本での利用は、IDやQUICPayなど電子マネーとしてばかりでクレジットカードでの利用はしたことがありませんでした。

なんとなく自分の思い込みで、「アップルペイは電子マネーを使うためのもの」というのができあがっていたんです。

そこで検索をかけて見たところ、実際に日本のiPhoneのままヨーロッパでアップルペイを利用しているひとを多数発見。自分で試したわけではないですが、普通に使えたみたいですね…。

クレジットカードをさすと暗証番号を入れる必要が出てしまうので、わずらわしかったんですよね。iPhoneやアップルウォッチで決済できるならよほどそのほうが楽だったなあ。

次にヨーロッパへ行ったときの宿題ですね。


Category:

tags: , , ,



«
»