アイルランドのダブリンへ3週間、語学留学しました。授業内容や費用は?果たして行く意味はあるかなど、解説します

ダブリン

2018年12月に3週間、語学学校へ行ってきました。
場所はアイルランドのダブリン。

ダブリンにはたくさんの学校がありますが、Atlas Language Schoolを選択。
アイルランドは英語圏なので、そこでは当然ながら英語を教わりました。

3週間程度でしたが、「英語の語学学校はこういうことを教わるのか」と理解できましたね。
そのことについて書いてみます。

アイルランド・ダブリンの語学留学。授業内容や費用

クラス分けのため、最初に面談テストを受けます。
といっても堅苦しい感じではなく、担当者と英語で数分間の雑談をする感じ。

その結果、ぼくは初級と中級の間くらいのクラスに入りました。
そんなにレベルは高くないですね…。

週75時間のコースのうち、約半分はグラマー(文法)の授業です。
10人くらいずつクラスにわかれ、テキストを見ながら講師の授業を受けました。

内容はいわば中学英語。
助動詞の使い方や現在完了、過去完了など時制の使い分け。
直接話法と間接話法の書き換えなど。

つまりぼくのクラスの文法の授業は、中学英語のやり直しでした。

普通に高校受験をしたひとであれば、聞いたことのある内容ばかり。
日本で、独学でできるレベルですね。

グラマーのほかは、スピーキング、リスニング

ダブリン

残り半分の授業は、スピーキングとリスニングでした。

単語当てゲームをしたり、講師が投げかけてくる質問を元にディスカッションをしたりです。
聴くことと話すことを集中的に行います。

生徒は基本的にフリーで話すため、積極的に話す南米の生徒が中心となって授業が進んでいきました。
学校側もそのことを踏まえてか、シャイな生徒でも発言できるよう気を配っていましたね。

またグラマーよりもスピーキングとリスニングの授業のほうが、より実践的ではありました。

行くだけでは、効果的に英語習得できない

ダブリン

こうして1カ月を過ごしてみましたが、「語学学校だけ行っていれば、誰でも話せるようになる」とは思えませんでした。

それこそ3年くらい通っていれば別ですが、3カ月〜1年程度では、「聞き取れるようになれたかな?」「生活には支障ないかな」といった程度ではないでしょうか。

わざわざ海外の語学学校へ行くポイントは、英語しか話せない環境に身を置くことにあります。

実際にぼくは、学校よりホームステイ先での会話が勉強になりました。
夕ご飯が終わったあと、ホストマザーと毎日2時間くらい話していたんですよね。

日本に興味のある方だったので、それこそ日本の文化や習慣の話とか。
アイルランドの歴史や現在の状況、イギリスとの関係なども。
話す事柄は尽きませんでした。

学校へ行きながらホストファミリーの方と毎日たくさん話せば、英語の習得は早まります。

英語に触れた分だけ、英語力は付いていく

あくまで自分のわずかな経験からですが、語学学校へ行くだけではそれほど効果的な成果は得られないです。

語学学校へ行きながら、現地の人と知り合いになり毎日たくさん会話をする。
聞くだけでなく、自分からどんどん発言する。

英語に触れた量に応じ、力は付いていきます。

語学学校へ入った初日のオリエンテーションで、学校案内をしたマネージャーが次のような話をしました。

「この学校に来て、成長する人としない人とは明確に分かれる。
成長する人は、毎日たくさん英語に触れている。
成長しない人は同じ国の人とばかり話して、全然英語を使わない」

これに尽きますね。

肝心の費用は?

ダブリン

学校の費用は、週75時間×3週間の授業(テキスト1冊込)、ホームステイでの宿泊(1日2食)で、約19万円。
これには海外送金のための手数料が含まれているため、実質は18万5千円ほどでした。

学校はもちろんのこと、20日以上ホームステイにお世話になってこの価格です。かなりお得だと思いました。

航空券と現地での生活費を足すと、35万円〜40万円くらいになった感じです。

言ってよかったと心から思う

3週間の入学は、クラスメートと比較してかなり短いほうでしたね。
長い人で10カ月、ほとんどが3カ月以上滞在していました。

クラスメートと仲良くなって、いまもSNSでつながっています。
英語で生活したことは良い経験になりましたし、世界中に知り合いも増えました。

行ってみてよかったと、心から思っています。
参考になれば幸いです。

関連記事

Pocket

Scroll to top